新型コロナに家族が感染し入院。残された要支援・要介護高齢者の在宅生活を支える

ことを目的に南部6市町、南部地区医師会、関係機関が連携し下記の支援体制づくり

に取り組んでいます。

● 「感染症サポートメーリングリスト」を開設

  ※南部地区でサービス提供が可能な訪問看護ステーションと訪問介護事業所が登録

● 地域で事案が発生した時に担当ケアマネジャーや包括支援センターなどが「利用者の

  基本情報」を記入しサービス提供事業所へ依頼する。

● 本人、家族、行政、介護支援専門員など関係者が連携・協力しサービス提供事業所が

  サービス提供(約2週間程度)を行う。

 

下記の「利用者の基本情報」は上記の支援体制において活用される「情報シート」です。

該当する事案が発生した時に担当ケアマネジャーなどがご記入し地域包括支援センター

へ相談、提供してください。

 

「利用者の基本情報」様式をダウンロード

※記入例ダウンロード